日本語日本文学会について

 当学会は1986年に創設されました。同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科の先生方と在学生、卒業生有志(終身会員)で組織され、会費によって運営されています。

 日本語と日本文学の研究をすすめ、会員間の親睦をはかるための主な活動は次のとおりです。

 

  ◇会報「こむらさき」・会誌「日本語日本文学」発行(3月・6月)

  ◇総会・記念講演会の開催(6月)

  ◇編集技術講座・お散歩会・卒業生との座談会開催など

  ◇美術館・博物館のチケット割引

  ◇歌舞伎・文楽・能狂言などの鑑賞・チケット割引(学生企画)

  ◇和菓子作り体験・茶道体験・文学散歩・着付け教室などの活動費補助(学生企画)

  ◇学生の研究会活動費補助(Nプロジェクト、日本文学朗読研究会ほか)

 

 

 開室日 火~金曜10:00~15:00(月・土日祝 休室)

  臨時休室する場合がありますので、事前にメールでご連絡いただけると幸いです

 住所を変更された方もメールでご連絡ください

 ngakkai@dwc.doshisha.ac.jp 

 電話(FAX)075-251-4121

  

★学会のfacebookはこちら

 

★会報こむらさき公式Instagram komukichigram

更新記録

顔見世興行(歌舞伎)@京都四條南座 1,500円補助 先着15名→完売しました

 第一部・第二部 12/4(土) 第三部 12/8(水)

 *廣瀬千紗子名誉教授によるレクチャー

  12/1(水)15:00~16:30 J203   *チケット購入者以外の参加OK! 

 

親睦お散歩会③ 出町商店街・下鴨神社 参加者募集中!!

 2021年12月8日(水)15:00~16:30 

 

京都非公開文化財特別公開 *12月5日まで

  拝観料500円補助します(拝観券を学会室にご持参ください)

 

美術館・博物館 お得な割引制度  

 

錦秋文楽公演『蘆屋道満大内鑑』『ひらかな盛衰記』『団子売』

 @大阪国立文楽劇場 チケット半券で500円キャッシュバックします

 

会誌『日本語日本文学』第33号発刊

      デントン館ラウンジ・学会室前にて配布中。ご自由にお取りください。

希望者には郵送しますのでメールでご連絡ください→ngakkai@dwc.doshisha.ac.jp

会誌『日本語日本文学』第34号投稿規定 

    

こむらさきvol.20

デントン館ラウンジ・学会室前にて配布中。ご自由にお取りください。

希望者には郵送しますのでご連絡ください。ngakkai@dwc.doshisha.ac.jp

  卒業後も『こむらさき』購読希望の方は、終身会員の手続きをお願いします。

 

行事報告 *随時写真をアップしています

 能の家の物語 京の鬼物語@京都観世会館 500円補助(先着10名)

 第三夜「大江山」 11月22日(日)18:00開演

 *有松遼一先生によるレクチャー11/12(金)18:30~19:30 J203

 
親睦お散歩会2021② 西陣織会館・晴明神社

 

手のひらの自然 京菓子「徒然草」デザイン公募展

 10月31日(日)~11月14日(日)

 @有斐斎弘道館 @旧三井家下鴨別邸 入館料500円補助(先着10名)

 

嵐山おさんぽ会  11月6日(土)嵯峨嵐山文華館でかるた体験も!

親睦お散歩会2021① 相国寺承天閣美術館「若冲鑑賞会」

 

2021年度日本語日本文学会奨学金応募要項 応募締め切りました

 【学会奨学金】 同志社女子大学 (doshisha.ac.jp)

 

10月10日(日)ホームカミングデーで「句相撲」を行いました 

 

観世青年研究能 8月公演(8/8) @京都観世会館

 

夏休み文楽特別公演『うつぼ猿』『舌切雀』『生写朝顔話』『夏祭浪花鑑』

 @大阪国立文楽劇場 

 

編集技術講座 

 6月30日(水)15:00~16:30 インタビュー講座

  7月7日(水)15:00~16:30 デザイン・レイアウト講座

 

第36回同志社女子大学日本語日本文学会総会・記念講演会

 

訃報

■教授 服部匡先生

 2020年度秋学期より休職されており3月末でご退職予定でしたが、

 2020年10月25日ご逝去されました。享年63歳。

 

名誉教授 安森敏隆先生

 2018年1月9日 腎臓がんのためご逝去 享年76歳

 

■名誉教授 村木新次郎先生

 2019年10月10日 ご逝去