日本語日本文学会について

 当学会は1986年に創設されました。同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科の先生方と在学生、卒業生有志(終身会員)で組織され、会費によって運営されています。

 日本語と日本文学の研究をすすめ、会員間の親睦をはかるための主な活動は次のとおりです。

 

  ◇会報「こむらさき」・会誌「日本語日本文学」発行(3月・6月)

  ◇総会・記念講演会の開催(6月)

  ◇編集技術講座・お散歩会・卒業生との座談会開催など

  ◇美術館・博物館のチケット割引

  ◇歌舞伎・文楽・能狂言などの鑑賞・チケット割引(学生企画)

  ◇和菓子作り体験・茶道体験・文学散歩・着付け教室などの活動費補助(学生企画)

  ◇学生の研究会活動費補助(Nプロジェクト、日本文学朗読研究会ほか)

 

 

開室日 火~金曜 10:00~15:00(月・土日祝 休室)

 臨時休室する場合がありますので、事前にメールでご連絡いただけると幸いです

  

★学会のfacebookはこちら

 

★会報こむらさき公式Instagram komukichigram

更新記録

嵐山おさんぽ会 参加者募集中 先着10名!

 8月9日(月)嵯峨嵐山文華館の入館料900円が無料になります

 

第一回学生委員会のお知らせ 

    9月29日(水)15:00~16:30 

 

観世青年研究能 7月公演(7/17) 8月公演(8/8)

 @京都観世会館 学生1,000円/一般(終身会員)2,500円 チケットあります

 

夏休み文楽特別公演『うつぼ猿』『舌切雀』『生写朝顔話』『夏祭浪花鑑』

 @大阪国立文楽劇場 チケット半券で500円キャッシュバックします

 

若冲と近世絵画展 チケット半券で500円キャッシュバックします

 

美術館・博物館 お得な割引制度 

    

こむらさきvol.20 発刊! 

デントン館ラウンジ・学会室前にて配布中。ご自由にお取りください。

希望者には郵送しますのでご連絡ください。ngakkai@dwc.doshisha.ac.jp

  卒業後も『こむらさき』購読希望の方は、終身会員の手続きをお願いします。

  

会誌『日本語日本文学』第32号発刊 

デントン館ラウンジ・学会室前にて配布中。ご自由にお取りください。

希望者には郵送しますのでメールでご連絡ください→ngakkai@dwc.doshisha.ac.jp

終身会員(会誌希望者)には7月中に発送いたします。

会誌『日本語日本文学』第33号の投稿は2月末で締め切りました 

 

無期延期します(1/7決定)日本語日本文学会親睦お散歩会②宇治散歩 

 2021年1月17日(日)10時~17時現地集合・解散 参加費700円 

 

行事報告

編集技術講座 

 6月30日(水)15:00~16:30 インタビュー講座

 

 7月7日(水)15:00~16:30 デザイン・レイアウト講座

 

第36回同志社女子大学日本語日本文学会総会・記念講演会

  *写真をアップしました

 

懲りずにやります!飲食無し・半日プランのお散歩会 

 右京が誇る御殿と庭~仁和寺・龍安寺を巡る~

 

 2月8日→3月15日(月)13:00~16:00 先着15名 参加費無料

 

■第4回Nプロジェクト本公演

 2021年2月25日(木)14:30開演 楽真館003

   坂口安吾『風博士』 如月小春『DOLL』

 

 京都非公開文化財特別公開 

 拝観料500円補助します(拝観券とハンコを学会室にご持参ください)

 

 能らいぶ『三家猫』の切磋琢磨@河村能舞台(烏丸今出川北へ200m)

 

手のひらの自然 京菓子「禅」デザイン公募展

 @有斐斎弘道館 @旧三井家下鴨別邸 入館料500円補助(先着10名)

 

錦秋文楽公演『源平布引滝』『新版歌祭文』『釣女』『本朝廿四孝』

 @大阪国立文楽劇場 チケット半券で500円キャッシュバックします

 

2020年度日本語日本文学会奨学金応募要項 *今年度の応募は締め切りました  

 

 

訃報

■教授 服部匡先生

 2020年度秋学期より休職されており3月末でご退職予定でしたが、

 2020年10月25日ご逝去されました。享年63歳。

 

名誉教授 安森敏隆先生

 2018年1月9日 腎臓がんのためご逝去 享年76歳

 

■名誉教授 村木新次郎先生

 2019年10月10日 ご逝去